カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

Indigenous People’s Summit in Ainu Mosir 2008 「先住民族サミット」アイヌモシリ2008

Alongside the People’s Summit, another major event to be held concurrently with the G8 meeting this year was the Indigenous People’s Summit in Ainu Mosir 2008 – the first time such an event has been held.

Over 600 participants from Japan and around the world – representing Ainu Mosir (Hokkaido), Uchinanchu (Okinawa), the United States, Canada, Hawai’i, Guam, Australia, Bangladesh, the Philippines, Norway, Mexico, Guatemala, Nicaragua, Taiwan, and Aotearoa (New Zealand) – gathered in the traditional land of the Ainu people over July 1-4 to discuss issues such as the environment, the recovery of the rights of Indigenous Peoples, education and empowerment.

Peace Boat had the opportunity to participate in the closing session. At this important gathering, the “Nibutani Declaration” and “An Appeal to the Japanese Government” were adopted – both of which can be downloaded in English, Japanese and Spanish here.

世界で初めての「先住民族サミット」がG8の前に開催されました。

7月1〜4日、日本・全世界から600人以上の参加者がアイヌの土地、北海道で集まり、環境、権利、教育などといったテーマについて話し合いました。アイヌ・モシリ(北海道)、ウチナンチュー(沖縄)、アメリカ、カナダ、ハワイ、グアム、オーストラリア、バングラデシュ、フィリピン、ノルウェー、メキシコ、グアテマラ、ニカラグア、台湾とアオテアロア(ニュージーランド)からの先住民族がこの歴史的な「先住民族サミット」に参加されました。

ピースボートは、最終日の全体会に参加させてもらいました。ここで、「二風谷宣言」と「日本政府への提言」が採択されました。この文章は、ここからダウンロードできます(日・英・西語)。

広告

Back to Tokyo

After a long week of campaigning, networking, translating, and going back and forth along picturesque roads between Sapporo, Rusutsu and Niseko, the whole Peace Boat team who were up in Hokkaido have now come back to Tokyo. Meaning that we now have a chance to really evaluate this whole week, instead of frantically coming up with more statements and holding more press briefings!

Tomorrow we will be sharing more pictures, media clippings and thoughts on the G8 Summit – but for now,
it’s time to get some sleep!

In the meantime, here are some articles from today’s newspapers featuring Peace Boat staff members:

Lack of concrete promises disappoints NGOs (Japan Times)
G8 trying to have it both ways on nukes (Japan Times)
世界からTOYAへ:市民の提言 メリ・ジョイスさん(毎日新聞)
(Title meaning: From the world to TOYA: Civil society recommendations, Meri Joyce (Mainichi Newspaper)

軍縮に関するピースボート声明

(English available here)

軍縮への言及は評価する

必要なのは自らの行動である

1.7月8日に発表されたG8サミットの「政治問題」に関する成果文書は、核軍縮に言及した。これは近年のG8にみられない成果であり、高く評価したい。とくに、「多国間の核不拡散・軍縮制度を強化」し「2010年NPT再検討会議の成功に努力」すると明記したことは重要であり、真摯な実行を求める。

2.一方で文書は、G8の核兵器国による削減を「歓迎」しつつすべての核兵器国に「透明な核削減を求める」としている。あたかもG8国は義務を履行しているがG8外の国が不透明であるかのような政治的含意であり、バランスを欠いている。

3.元来、2000年NPT再検討会議の全会一致の合意に基づいて、米ロを筆頭とするすべての核保有国は、一層の核削減、警戒態勢の解除、不可逆的かつ透明性をもった軍縮、包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効などを実行する義務を負っている。米ロをはじめとするすべての核兵器国がこれらの措置を誠実に実行に移し、2010年のNPT再検討会議までに明確な前進を達成することを求める。

4.兵器用核分裂物質の生産禁止条約の交渉や、すべての国による兵器用核分裂物質の生産モラトリアムが合意されたことも重要である。たとえばインドは兵器用核分裂物質の生産を継続しており、このような国に原子力協力を行うことは許されない。

5.文書はまた、原子力平和利用のためには核不拡散(保障措置)、原子力安全、核セキュリティの「3S」の強化が必要だとし、濃縮・再処理の国際管理に言及している。地球温暖化対策を口実に原子力を拡大していくことは、エネルギー政策として誤っているばかりでなく、核兵器拡散のリスクを高める。濃縮・再処理を凍結し、核兵器に利用可能な物質の生産を国際的に禁止することが優先課題である。

6.北朝鮮問題について、G8首脳が、2005年の6者協議共同声明に基づく「朝鮮半島の検証可能な非核化と6者会合参加者間の将来の国交正常化」という目標を再確認したことを歓迎する。同共同声明の目標は「東北アジアの永続的な平和と安定」であり、東北アジアの非核地帯と平和メカニズムが必要である。市民社会もまた、歴史問題や拉致問題を含む対話と信頼醸成に取り組むことを誓約する。

7.イラン問題について、G8首脳が、「平和的かつ外交的な解決」を強調したことを歓迎する。NPT再検討プロセスの中で確認されている「中東に非大量破壊兵器地帯をつくる」という目標に向けた行動が求められている。

2008年7月9日
ピースボート共同代表 川崎哲

ジンバブウェ問題に関するNGO共同声明 NGO Joint Statement on Zimbabwe

北海道・洞爺湖で開催されているG8サミットで、7月8日、ジンバブウェに関するG8首脳共同声明が出されました。(ジンバブウェに関する声明(英語)

これに関連して、ピースボートを含め、日本のNGO11団体は、ジンバブウェに関する共同声明「ジンバブウェ情勢に平和的・民主的な解決を:政府与党は市民社会への弾圧・抑圧を直ちに停止せよ」を発表しました。

声明はここからダウンロードできます:zimbabwe-statement-jp-en-final-1 (日・英)

Yesterday, 8 July, the G8 Leaders released their statement regarding Zimbabwe (available here).
11 Japanese NGOs, including Peace Boat, have responded to this with their own joint statement calling “For a Peaceful and Democratic Solution to the Current State of Zimbabwe, The Ruling Party Must Immediately End their Crackdown on Civil Society.”
The statement can be downloaded here: mzimbabwe-statement-jp-en-final-1 (both Japanese and English)

Working Dinner (July 8, 2008) Menu / 7月8日(火)ワーキングディナー 概要

At the Windsor Hotel TOYA “Michel Bras”
「ミッシェルブラス」(「ザ・ウィンザーホテル洞爺」内11階)

So this is what the G8 leaders were eating and drinking while talking about all of the political issues facing the world today…
これがG8のリーダーたちが世の中の政治問題について議論している間に食べていた・飲んでいたものなんだ・・・

  • Amuse-bouche
    アミューズ ブーシュ
  • From the Local Gardens: the gargouillou of young vegetables; grains and herbs & oyster jus
    地元で採れた:若野菜で仕上げたガルグイユー;発芽豆&ハーブ、牡蠣のジュ
  • From the Local Fishermen: fillet of Hakkaku with a golden hazelnut crust; tender asparagus-lettuce & toasted barley jus
    北海道で釣れた:八角のフィレ、ブールノワゼットの風味;やわらかい山くらげの芯&焙じたオルジュのジュ
  • Hokkaido Crab, the flesh lightly fried in sesame oil; mustard leaves & stems, the jus, yuzu
    ゴマ油ですばやく火を入れた北海道産タラバ蟹;からし菜の芯&葉、柚子を効かせたジュ
  • From the Original Idea of a Coulant (R) in 81: chocolate biscuit, chocolate coulant, sweet clover ice-cream
    チョコレートの流れる暖かいビスキュイ”クーラン”(R);シナガワハギの花のアイスクリーム
  • Mignardises, Liquer de lait…
  • 小菓子

    • Domaine la Grange des Peres Blanc 2004 Vin de pays de l’Herault
      ドメーヌ ラ グランジェ デ ベール ブラン 2004
    • La syrah de Bernard & Robert Plageoles 2004 Gaillac
      ラ シラー デ ベルナール エ ロベール プランジョール 2004
    • Banyuls “Le Mute sur Grains” 2003 Domain de la Rectorie
      バニュルス ル ミュート シュル グローン 2003 ドメーヌ ド ラ レクトリー

ピースボートとグリーンピース・ジャパン、原子力は地球温暖化問題の解決にならないと声明を発表 Peace Boat and Greenpeace Japan Joint Statement: Nuclear Energy is not the Solution to Global Warming

========================================
ピースボートとグリーンピース・ジャパン、
原子力は地球温暖化問題の解決にならない
と声明を発表
Announcement: Peace Boat and Greenpeace Japan Joint Statement
Nuclear Energy is not the Solution to Global Warming
========================================

サミットにおける「3Sに立脚した原子力エネルギー基盤整備に関する国際イニシアティブ」の発表を受けて、ピースボートとグリーンピース・ジャパンは緊急に共同声明を発表し、8日20:30よりG8国際メディアセンター(IMC)にて記者会見を行いました。
川崎哲・ピースボート共同代表と鈴木真奈美・グリーンピース・ジャパン気候エネルギー担当が会見に参加しました。
会見では、鈴木氏が共同声明(以下に全文)の内容を説明しつつ、原子力の推進は地球温暖化の解決にならないことを強調しました。
続いて川崎が、核兵器不拡散の観点から、(1)イランや北朝鮮による原子力平和利用の主張、(2)米印原子力協定の問題点、(3)GNEPなどの問題点、などに言及しつつ、「いま世界が必要としているのは核不拡散体制を強化しつつ原子力に頼らない再生可能エネルギーの道を探ることだ」と述べました。
参加した記者からは、「3Sを確保しなければ原子力を推進できない、というふうに歯止めの意味もあるのではないか」、「このG8のイニシアティブと国際原子力機関(IAEA)の関係はどのようになるのか」といった重要な質問・コメントもありました。

その後、「政治問題」の文書の中で、核不拡散・軍縮への言及がありました。これについては、追って書きます。
(川崎哲、G8国際メディアセンター@ルスツ)

Peace Boat and Greenpeace Japan released an emergency Joint Statement as a response to the announcement on the “International Initiative on 3S-Based Nuclear Energy Infrastructure.” This was then presented by Kawasaki Akira (Executive Committee member, Peace Boat) and Suzuki Manami (Climate / energ campaigner, Greenpeace Japan) at a press conference held from 8:30pm on 8 July at the G8 International Media Centre (IMC).
Suzuki Manami explained the contents of the Joint Statement (see below for Japanese – English to follow soon), and emphasised the fact that the promotion of nuclear energy will not be an effective measure for resolving the problem of global warming.
Following on from this, Kawasaki Akira presented from the perspective of nuclear non-proliferation, and commenting particularly on these points: 1) focus on the peaceful use of nuclear energy by Iran and the DPRK, 2) the problems of the US-India Nuclear Agreement, and 3) the problems of GNEP. He commented, “what is really needed today is for a continued strengthening of the nuclear non-proliferation regime, as well as developments of renewable energy that does not rely on nuclear power.”
Important points raised by attending press included questions and comments such as “Does this not also have the meaning of acting as a stopper, in that nuclear power cannot be promoted without ensuring the 3S”, and “what is the relationship between this G8 initiative and the International Atomic Energy Agency (IAEA)?”

Furthermore, the statement on Political Issues which came out shortly afterwards also addresses the issues of nuclear non-proliferation and disarmament. We will be gving a response to these issues shortly – be sure to check back soon.
(Kawasaki Akira, G8 International Media Centre @ Rusutsu)

————以下、共同声明  ———————————–
English statement available here

続きを読む

「3S」原子力基盤整備イニシアティブを発表 Announcement of the Initiative on 3S-Based Nuclear Energy Infrastructure

(English follows below)

本日G8サミットにて、「3Sに立脚した原子力エネルギー基盤整備に関する国際イニシアティブ」が発表されました。核不拡散/保障措置(safeguards)、原子力安全(safety)、核セキュリティ(security)の「3S」を確保しつつ、原子力エネルギー基盤整備に関する国際協力を進めていこう、というものです。

冒頭で、「安全でセキュリティの確保された原子力エネルギーの利用および/または開発に関する計画を検討している国は、原子力エネルギーの開発は、有害な大気汚染を削減し、気候変動の挑戦に取り組むのと同時に、世界のエネルギー安全保障に資すると信じる」と述べられています。

文書は、すでにサミットのホームページに出ています。

http://www.g8summit.go.jp/doc/index.html

3Sに立脚した原子力エネルギー基盤整備に関する国際イニシアティブ[PDF]
※このイニシアティブに参加するG8メンバーは、この文書に基づいて活動を実施する。

・仮訳 http://www.g8summit.go.jp/doc/pdf/0708_04.pdf
・本文(英語) http://www.g8summit.go.jp/doc/pdf/0708_04_en.pdf

この3Sに関する外務省の背景資料は、こちら▼
http://www.g8summit.go.jp/doc/pdf/genshiryoku.pdf

3Sについては、6月の外務大臣会合やエネルギー大臣会合でも議論されています▼
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/f_kyoto08/gsk.html
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/g8/g8_3sta.pdf

現在、NGOとしての反応をすべく準備しているところです。

(川崎哲、IMC(ルスツ))

——————-

On 8 July at the G8 Summit, the “International Initiative on 3S-Based Nuclear Energy Infrastructure” was announced. This is an initiative to promote international cooperation on nuclear energy infrastructural development, whilst maintaining the 3S: safeguards, safety and security.

The first paragraph features the following words: “Those of us who have or are considering plans relating to the use and/or development of safe and secure nuclear energy believe that its development will contribute to global energy security, while simultaneously reducing harmful air pollution and addressing the climate change challenge.”

The text is now available online at the Summit’s homepage:

http://www.g8summit.go.jp/eng/doc/index.html
International Initiative on 3S-Based Nuclear Energy Infrastructure [PDF]
※ The G8 members participating in this initiative will be taking actions based upon this text.

・Original English text http://www.g8summit.go.jp/doc/pdf/0708_04_en.pdf
・Preliminary Japanese translation http://www.g8summit.go.jp/doc/pdf/0708_04.pdf

Some background information from the Ministry of Foreign Affairs regarding 3S can be seen here▼
http://www.g8summit.go.jp/doc/pdf/nuclear_0705.pdf

The 3S were also discussed at the meetings of both Foreign Ministers and Energy Ministers in June▼
http://www.mofa.go.jp/policy/economy/summit/f_kyoto08/statement.html
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/g8/g8_3sta.pdf

We are now in the midst of preparations for an NGO reaction to this.
(Kawasaki Akira, IMC (Rusutsu))