Indigenous People’s Summit in Ainu Mosir 2008 「先住民族サミット」アイヌモシリ2008

Alongside the People’s Summit, another major event to be held concurrently with the G8 meeting this year was the Indigenous People’s Summit in Ainu Mosir 2008 – the first time such an event has been held.

Over 600 participants from Japan and around the world – representing Ainu Mosir (Hokkaido), Uchinanchu (Okinawa), the United States, Canada, Hawai’i, Guam, Australia, Bangladesh, the Philippines, Norway, Mexico, Guatemala, Nicaragua, Taiwan, and Aotearoa (New Zealand) – gathered in the traditional land of the Ainu people over July 1-4 to discuss issues such as the environment, the recovery of the rights of Indigenous Peoples, education and empowerment.

Peace Boat had the opportunity to participate in the closing session. At this important gathering, the “Nibutani Declaration” and “An Appeal to the Japanese Government” were adopted – both of which can be downloaded in English, Japanese and Spanish here.

世界で初めての「先住民族サミット」がG8の前に開催されました。

7月1〜4日、日本・全世界から600人以上の参加者がアイヌの土地、北海道で集まり、環境、権利、教育などといったテーマについて話し合いました。アイヌ・モシリ(北海道)、ウチナンチュー(沖縄)、アメリカ、カナダ、ハワイ、グアム、オーストラリア、バングラデシュ、フィリピン、ノルウェー、メキシコ、グアテマラ、ニカラグア、台湾とアオテアロア(ニュージーランド)からの先住民族がこの歴史的な「先住民族サミット」に参加されました。

ピースボートは、最終日の全体会に参加させてもらいました。ここで、「二風谷宣言」と「日本政府への提言」が採択されました。この文章は、ここからダウンロードできます(日・英・西語)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中