誰だって平和に生きたい – We All Want to Live in Peace

誰だって平和に生きたい
We All Want to Live in Peace
 
とき:7月8日(火)10:00~13:00
場所:札幌コンベンションセンター
主催:G8NGOフォーラム人権・平和ユニット
8 July (Tues), 10am-1pm
Sapporo Convention Centre
Organised by the G8 NGO Forum Peace and Human Rights Unit

司会
上村英明(市民外交センター)
吉田美佐子(平和省プロジェクト)
Facilitators:
Uemura Hideaki (Citizens’ Centre for Diplomacy)
Yoshida Misako (Japan United for Ministries of Peace, JUMP)
 
シンポジウム Symposium

パネリスト
川崎哲(ピースボート)
高橋清貴(JVC)
鈴木ふみ(スペースアライズ)
森田明彦(人身売買禁止ネットワーク)
伊藤和子(弁護士、ヒューマンライツナウ)
大河内秀人(パレスチナ子どものキャンペーン)

Panellists:
Kawasaki Akira (Peace Boat)
Takahashi Kiyotaka (Japan International Volunteer Centre, JVC)
Suzuki Fumi (Space Allies)
Morita Akihiko (Network Against Trafficking in Persons)
Ito Kazuko (Lawyer, Human Rights Now)
Okouchi Hidehito (Campaign for the Children of Palestine) 

人権・平和の視点からG8サミットの議題やG8開催のあり方を問うのが。この企画の
趣旨である。各発言者報告の概要は以下の通り。
This session focused on the issues on the G8 agenda, as well as questioning the way the Summit is actually being held, from the perspective of peace and human rights. Presentations from the panellists were as follows.

(See below for English)

 川崎
現在の世界の軍事費は1兆3千億ドル(そのうち45%がアメリカ)。この数値は冷戦がほぼ終わった89年の軍事費を上回るものである。今回のサミットでは核不拡散の他に軍縮にも言及している。しかしそのニュアンスは中国やパキスタンに軍縮を求めるもので、先進国のG8諸国に軍縮を求めるものとなっていない。サミットでは貧困問題が大きな課題となっているが、G8諸国は自ら軍縮を進め、その分の資源を人間の開発に投資すべきである。それは正に日本国憲法9条の思想でもある。

高橋
現代は成長に代わるパラダイムが求められている。そしてそのパラダイムは現場の当事者を主体として形成されるものでなくてはならない。そこで当事者主体という視点からG8の開催のあり方、イラク戦争、アフガニスタンの復興支援、ODAについて考えたい。
G8サミットについて
政府は有権者、納税者に説明責任を果たしていない。その上、重要なことをG8で決めている。大国の政治指導者だけで重要な決定を下すことは国連の弱体化にもつながる。G8に私たちの未来を託す正当性はない。
イラク戦争
現在のイラクの混乱はG8諸国がもたらしたもの。G8諸国の政治指導者はまずイラクの人々に謝罪をするべきである。
アフガニスタン復興支援
軍隊による人道支援が現場を混乱させ、当時者の対話による和解という復興の
芽までも摘んでいる。
ODA
資源確保のための戦略的ODAとなってしまっている。気候変動の被害者に円借款で支援するというのは「途上国」に単に借金を負わせるだけのことに成りかねない。
 
現在、企業と政府が連携して経済の自由化を進めている。私たちはあくまで当事者
主体ということを起点にしながら成長に代わるパラダイムを実現していきたい。

鈴木ふみ
WHOによると、防ぎうる妊婦の死亡をなくすために102億ドルが必要だという。現在の世界の軍事費は1兆3千億ドルであることを考えるといかに女性の人権が軽んじられているかがわかる。G8諸国が構造的に貧困をつくり出したのであるから、妊婦の死亡をなくすための費用はG8諸国が負担すべきである。女性の権利はG 8でいつも無視されてきた。このことは日本社会についても同じことが言える。若年の貧困層のことが今注目を浴びているが、女性はずっと以前から貧困を強いられてきた。非正規社員の労働条件も男性に非正規社員が増えて初めて関心を浴びるようになった。
 
森田明彦
気候変動及びそれにともなう環境劣化で国境を越えざるをえなかった人々が2005年の統計で1億9千万人にもいる。そのうち3~4千万人が密入国であり、人身売買の被害者であることが多い。世界銀行が天候異変による環境劣化のための保険というものの導入を進めている。
 
伊藤和子
ビルマでは、昨年9月に僧侶らが中心となって発生した大規模な民主化運動を軍事政権が弾圧し、今も1900人を超える僧侶、民主化活動家の身柄を拘束している。
スーダン・ダルフール地方では、2003年2月以来、政府および政府の支援を受けた軍事組織が、非アラブ系住民に対する攻撃を続けており、約20万人が犠牲になったと言われている。G8サミットにおいて、ビルマとダルフールの人権状況について、
確固たる対応をとることを求める。また、G8諸国は自国が行った人権侵害に目をつむっている。人権のダブルスタンダードを許してはならない。
 
大河内
パレスチナ問題は宗教紛争ではない。第二次世界大戦後、パレスチナの地にユダヤ人の国イスラエルを建国したことから生じた紛争である。国連は世界人権宣言を採択した年にイスラエルを建国した。その時に発生した難民が今も祖国に帰還できないでいる。アメリカによる「対テロ戦争」はイスラエルのパレスチナへの武力介入を正当化している。私たちはイスラエル、パレスチナ双方の平和を求める人々と連帯してパレスチナ問題の解決にむけて今後も行動していきたい。
 
パネリストの報告がなされた後、会場からの質疑応答と参加者が各自のG8に対する思いを語るリレートークを行った。アフガニスタンの女性から「なぜ、あなた方はアフガニスタンのことを忘れてしまったのか? アフガニスタンに混乱をもたらしたのはG8諸国なのに無責任である」という発言があった。NGOとして人道支援をするだけでなく、自国の政府に政策の変更を強いる力が私たちNGOの活動家に求められている。
 
以上、
 
報告 野平晋作

————–

Kawasaki Akira
The world’s military expenditure today reaches 1300 billion USD (45% of which is the USA). This is the highest it has been since the end of the Cold War in 1981. At this Summit, the issue of disarmament has been addressed, not just nuclear non-proliferation. However, the nuance seems to be calling for disarmament of China and Pakistan, and does not call for any disarmament of the industrialised G8 nationes themselves. Poverty is being raised as a key issue at this Summit – to deal with this, the G8 countries must pursue their own disarmament, and divert these resources to investment in human development. This is exactly the fundamental principle of Article 9 of Japan’s Peace Constitution.

Takahashi Kiyotaka
What is called for today is a new paradigm to replace that of growth. Furthermore, this paradigm must be based upon the affected people in the field, allowing them agency. From this perspective, I would like to consider the issues of the very way the G8 Summit is actually held, the war in Iraq, aid for reconstruction in Afghanistan, and ODA.
Re the G8 Summit:
The government is not fulfilling their responsibility in regards to accountability to their constituency, the tapayers. Furthermore, the important things are being decided by the G8. The fact that the political leaders of such superpowers are making such crucial decisions is connected to the weakening of the United Nations.  The G8 does not have the legitimacy to be entrusted with our futures.
War in Iraq
The current confusion in Iraq has been brought on by the G8. The G8 political leaders must first apologise to the people of Iraq.
Reconstruction aid in Afghanistan 
Humanitarian aid being carried out by the military only leads to further confusion on the ground, and damages even the buds of reconstruction through dialogue between the involved parties.
ODA
ODA these days is becoming more for only the strategic purposes of gaining resources.  Aid in the form of yen credit for those affected by climate change only leads to them being forced to bear further loans.
 
At the moment, governments and corporations are collaborating to advance the liberalisation of the economy. We must ensure that we realise  a new paradigm to replace this, and keep central at all times the agency of those people directly affected, directly involved. 
 
Suzuki Fumi
According to the WHO, US$10.2 billion is required to eradicate preventable maternity-related deaths. When we consider the fact that the global military expenditure is US$1300 billion, we can see how lightly the human rights of women are really being taken. As the G8 countries are responsible for the structural causes of poverty, the G8 countries should bear the costs required to improve maternal health and prevent related deaths. The human rights of women have perpetually been ignored by the G8, and the same can be said for Japanese society also. While the issue of youth poverty is now gaining much attention, poverty has been enforced upon women since long ago. The issue of the labour conditions of non-regular workers is only now receiving attention because there has been an increase in male-non-regular workers, despite the fact that women have long been in this situation.

Morita Akihiko
2005 figures indicate that 190 million people worldwide have been forced to cross national borders as a result of climate change and environmental degradation. Around 30,000-40,000 of these are illegal or undocumented migration, and many of these are victims of human trafficking. The World Bank is now going forward with the introduction of an insurance system against climate change.
 
Ito Kazuko
In Burma (Myanmar), after the military junta’s oppression of the democracy movement led by the monks last September, over 1900 monks and democracy activists are even now still being held in detention.
In the Darfur region of Sudan, since February 2003 the government, and military organisations supported by the government, have continued attacks against non-Arab citizens, and it is said that over 200,000 people have become victims of this. We call for concrete measures to be taken at the G8 Summit in regards to the human rights situations in Burma and Darfur. Furthermore, the G8 countries must also face up to the human rights violations they themselves incur. We cannot forgive a double standard in regards to human rights.

Okouchi Hidehito 
The Palestine-Israel conflict is not an issue of religion, as it can often be seen. It has its roots in the construction of the Jewish state of Israel after World War II. The state of Israel was created in the very same year that the Universal Declaration on Human Rights was adopted by the United Nations. The refugees forced out of their homes at their time are still not able to return to their hometowns. The US-led “War on Terror” is being used to justify Israeli armed intervention on Palestine.  We must from now continue to work together in collaboration with people calling for peace on both sides of the conflict, in both Israel and Palestine, in order to find a resolution for this issue.
 
After the panel presentations, we conducted a relay talk amongst the participants at the event. Precious statements were given, for example hearing from a woman from afghanistan who called on everone to ask, “Why have you all forgotten about Afghanistan? It is the G8 countries which have brought this turmoil upon Afghanistan, and they must bear the responsibility.” As NGOs, we must not only conduct humanitarian aid, but work to effect change in the policies of our own governments also. 

Report: Nohira Shinsaku, Sapporo

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中