世界中の紛争問題をディナーを食べながら2時間で論議 Leaders meet to discuss conflicts around the world over a 2 hour dinner

==============================================
世界中の紛争問題をディナーを食べながら2時間で論議
Leaders meet to discuss conflicts around the world over a 2 hour dinner
==============================================

3日間にわたるG8会合のうち、初日はアフリカ諸国との拡大会合、2日目はG8そのもの、そして最終日の本日は主要CO2排出国を含めた拡大会合、というスケジュールですすんできました。
G8そのものの議論は昨日の1日だけで、午前が世界経済、昼食が気候変動、午後が開発・アフリカ、夕食が政治問題、という流れで議論がすすみました。
軍縮、不拡散、紛争予防、平和構築、地域情勢など、私たちが平和の関心から注目していた問題は、すべて、昨晩の夕食時の議題となったのです。

Over the 3 days of the G8 Summit, the schedule featured a large meeting with African nations on Day 1, the actual meeting of the G8 leaders on Day 2, and the expanded meeting with the major CO2 emitting countries today.
With only one day for the meetings of the actual Group of 8, discussions took place in the morning ont he global economy, climate change over lunch, development and Africa in the afternoon, and political issues over dinner.

Issues we are particularly focusing on from the perspective of peace activists – disarmament, non-proliferation, conflict prevention, peacebuilding and various regional situations – all took place over this working dinner last night.

NGO会見室で政府の記者会見をモニターごしに見る  Monitoring the government\'s press conference in the NGO briefing room
NGO会見室で政府の記者会見をモニターごしに見る Monitoring the government’s press conference in the NGO briefing room

(English below)
夕食後の報道発表をテレビモニターを通じて聞いていましたが、それによると、午後7:15~午後9:10までの2時間弱のワーキング・ディナーのなかで政治問題が議論されました。扱われた話題は、ジンバブエ、北朝鮮、イラン、アフガニスタン、中東、スーダン、ミャンマーの7カ国・地域。欧州の関心の高いジンバブエに冒頭30分が割かれたといいます。残り90分弱で6つの地域ですから、一つについて15分あるかないかです。たとえば北朝鮮について割かれた時間は「10分か15分程度だったと思う」と、記者の質問に対して外務長の小田部経済局長が答えていました。
一つずつの地域について、まず福田首相が提起をし、それに対して何人かの首脳が反応してコメントし、最後に福田首相がまとめるという流れだったようです。夕食を食べながら10~15分の中でどの程度のやり取りがあるかを想像してみてください。(ところで、この夕食のメニューも入手しましたので、後で別記事で報告します。ワインリストもあります。)
なお、最後の方の議題になったスーダンとミャンマー(ビルマ)に関しては、時間もなくなってきたので、あまり活発な議論はなかったと、会見において小田部局長は認めていました。

このワーキング・ディナーを受けて、「政治問題に関する成果文書(核不拡散・軍縮、平和構築などを含む)」「テロ対策に関する首脳声明」「ジンバブエに関する首脳共同声明」や、不拡散・テロ対策関連の各種報告書が発表されました。政治問題に関する成果文書は、5ページ16節からなる長文です。しかし昨晩の会見によれば、実際に不拡散・軍縮・平和構築・テロ対策といったことが直接議論された形跡はまったくありません。ディナーは、ジンバブエに始まってミャンマーで時間切れになって終わったというのですから。
というわけで、不拡散・軍縮・平和構築・テロ対策は、実際に8首脳の間で会話にのぼることのないまま、官僚が用意した文書がただ追認され、発表されたというふうに理解できます。
マスコミ報道では、「拉致問題が首脳文書に盛り込まれた」といったことが日本政府の大きな手柄として書かれていくと思いますが、そういったことの実態がこれであるということはきちんと理解されるべきだと思います。

そうは言っても首脳が合意した文書ですから、非常に重要な政治的意味をもっています。私たちは市民活動の中で積極的にこれを活用していく必要があります。しかし一方、これほど重要な文書がこれほど簡潔な手続きの中で決められているというG8サミットの実態も、ちゃんと認識されなければなりません。莫大な資金と人的資源を投入して、世界の深刻な話題を食事しながら10分ずつ議論していくというサミットに、どれほどの正当性があるのか。世界は、このような壮大で豪華な儀式の場をいつまで続けていくべきなのか。このことは、真剣に議論されなければならないと思います。

(政治問題の成果文書の内容、とくに不拡散・軍縮に関する分析については、別途書きます。)

(川崎哲@G8国際メディアセンター(ルスツ))

————————

We watched the press briefing regarding the dinner as it was broadcast via television, and according to this the political discussions took place over the dinner from 7:15-9:10pm – just under 2 hours. Within this time, the 7 countries/regions of Zimbabwe, the DPRK/North Korea, Iran, Afghanistan, the Middle East, Sudan and Burma/Myanmar were discussed. Zimbabwe, which is of particular interest to the European countries at this time, was said to have been talked about for half an hour. Which leaves 90 minutes for the discussion on the remaining 6 regions – meaning only about 15 minutes for each. For example, when asked by a member of the press of how long the discussion on the DPRK took place for, the Director-General of the Ministry of Foreign Affairs Economic Affairs Bureau replied that it was “probably around 10-15 minutes”. It seems that first, Prime Minister Fukuda put forward a proposal, then several leaders replied to or commented on this, and then Fukuda summarised at the end. It’s interesting to imagine how this kind of discussion would be held for 10 minutes while eating dinner… (by the way, we have obtained copies of the menu for the dinner – including the wine list! – so we will upload them shortly too!). Otabe also admitted during the press conference that as they ran out of time, the issues of Sudan and Burma/Myanmar, which were last on the agenda, did not have any significant discussion at the dinner.

Various documents were produced after this working dinner, including on Political Issues (including nuclear non-proliferation, disarmament and peacebuilding); the G8 Leaders’ Statement on Counter-Terrorism, the G8 Leaders’ Statement on Zimbabwe, and various documents on non-proliferation and counter-terrorism strategies. The statement on Political Issues is quite long – 5 pages, with 16 key points. However, according to last night’s press briefing, there was no actual direct discussion on the issues of non-proliferation, disarmament, peacebuilding or counter-terrorism – thus the documents are not a reflection of the actual discussions in this sense. The dinner started with Zimbabwe, and ended when running out of time at Burma/Myanmar.
This means, that the statements in regards to non-proliferation, disarmament and peacebuilding were merely crafted by bureaucrats and then agreed upon and announced.
The Japanese media is particularly focused on the fact that the Leaders’ Statement has included mention of the North Korean abduction issue as a strong step, yet an understanding of the real process behind these developments and the production of these statements is necessary.

Despite these points, however, the statements agreed upon by the leaders hold great political importance. As civil society, we need to ensure that we actively make use of these outcome statements. Yet the actual state of the G8 Summit itself, where such important statements are made through such a brief and shallow process, must really be paid attention. How much legitimacy does a Summit such as this really have, when huge financial and human resources are invested, and then the serious problems facing the world today are discussed for just ten minutes each over dinner? How long is the world really going to continue this enormous, extravagant facade of a ceremony? This point needs serious consideration and debate.

(We will be uploading an article shortly about the contents of the statement on political issues, particularly analysis regarding non-proliferation and disarmament.)

(Kawasaki Akira @ G8 International Media Centre, Rusutsu)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中