市民サミット 二日目 Peoples’ Summit, Day 2

G8市民サミットが開幕して二日目。
今日は通訳としてコンベンションセンターで行われた三つの企画に参加してきました。

Today was the second day of the G8 Peoples’ Summit, and I interpreted for three events held at the Sapporo Convention Centre.

(English follows)

一つめは「食料主権のためのアジア太平洋ネットワーク」の主催する食糧危機に関する企画。
インドネシア、フィリピン、インドなどから参加した発表者たちが、現場を知る者としての視点、
中でもこのところのバイオ燃料への先進国を中心とした国々の政策的な転換が、実は途上国の一般市民や農家には悪影響しか与えていないという詳細にわたる話でした。

二つめは「GCAP SENCA」の主催するアジアにおける援助とMDGsに関する企画。
現在行われている先進国から途上国への援助は果たして十分なのか、MDGs(ミレニアム開発目標)の達成に役立っているのか、そしてMDGsを達成するには援助の形態をどのように変えていったらいいのかということを話し合いました。

まさに本日開幕したG8では、援助、ことにアフリカへの援助が大きな焦点となっています。
単純に援助の量を増やすのではなく、それが本当に必要な人々のもとに届くために市民が行うべきことは何であり、G8には何を要求していけばいいのか。バングラデシュ、フィリピン、インドネシアへのODAの具体的な影響をそれぞれの国でODAに関わる人たちが発表しました。

それにしてもこの市民サミットには非常に多くの方が日本の外から訪れています。
企画に参加する人々の数を見ても日本人は少数派。時には通訳しなくてもいいのではと思ったくらいです。
G8のリーダーや、現在の貧困や格差、環境など多くの問題を抱える世の中を動かして行くには、やはりこのような機会をもっと私たちは利用し、互いに連携し て大きな動きを作り出していくことが必要であると再確認しました。ネットワーキングはすでに始まっていますが、まだまだできるはず。グローバリゼーションもそのことを考えればそれ自体が悪いことではないはずです。

三つ目の企画は「ほっとけない世界のまずしさ」の主催する貧困をなくしていくためのワークショップ。
国連ミレニアムキャンペーンの副ディレクター、インドのミナール・ピンプルさんを迎えて具体的にMDGsを達成し、世界の貧困をなくしていく方法について考えました。

この企画は内容もさることながら、印象的だったのはミナールさんのお人柄。とにかく元気で、よく笑い、よく動き、会場を笑いの渦に巻き込みます。当たり前のことですが、世の中を 動かしていこうと思ったときに伝えるべきメッセージの中身が大切なのはもちろん大前提。でも、その伝える方法も実は同じくらい、それとももしかしたらそれ 以上に大切であり、それこそが結果としてどれだけ伝わったかということにつながるんだと再認識させられた2時間でした。「伝わる伝えかた」はもちろん、多 くの人を巻き込む力にもなります。ミナールさんみたいな人と活動していたらそれは楽しいに違いないし、まさに楽しくなくちゃ意味がない、のだと思います。

ちなみにこのミナールさん、8月末に横浜を出港するピースボートの第63回地球一周の船旅のシンガポール~コーチン(インド)区間に水先案内人(=洋上講師)として乗船していただくことが決まっています。
インドに到着するまでの洋上5日間で、貧困をなくしていくための具体的、実践的な方法を学び、実際的なアクションへとつなげていける非常に内容の濃い数日間です。まだ席に余裕がありますので、興味のある方はぜひピースボートへお問い合わせ下さい。

(第63回クルーズへのリンクはこちら)
http://www.peaceboat.org/cruise/0808/index.html

(報告:高山瑤子、札幌より)

—————-

The first event was on the topic of the food crisis, organised by the Asia-Pacific Network for Food Sovereignty. With panelists from Indonesia, the Philippines and India, we were able to hear the valuable voices of those really working in the field, particularly in regards to the fact that the industrialised nations policy change towards biofuels is having only negative effects on the general population, especially farmers, in developing countries.

The second event was held by GCAP SENCA (Global Call to Action against Poverty Southeast, North & Central Africa), and focused on aid policy and the Millenium Development Goals (MDGs) in Asia. The discussion focused on whether the current aid from industrialised to developing countries is in fact sufficient, and whether it is contributing towards the achievement of the MDGs, and proposals regarding what form aid should take to really make a positive impact towards these goals. The issue of aid, and especially towards Africa, is a central issue to the G8 Summit which opened today. Thiss session discussed that we have to call on the G8 not only to just increase the amount of aid, but to consider what can be done to ensure that the aid really reaches those requiring it, and what the role of civil society is in this process. We were able to hear of experiences of what the specific effects of ODA are on the ground in Bangladesh, the Philippines and Indonesia, from people who are working on ODA issues within these countries.

There are many participants from outside Japan attending the various events held as part of this Peoples’ Forum. In fact, I would say that actually looking at the participants at most sessions, Japanese people are in the minority. While interpreting I sometimes had to wonder whether the Japanese interpretation was even necessary!

This Summit has really led me to reconfirm that what is needed in order to reach the G8 Leaders, and to effect change within the world faced now with so many problems – poverty, the environment, and disparity within society for example – is that we need to make use of the opportunities we have at hand, and work together in solidarity to create a strong, widespread movement. While networking is always going on, there is still so much potential. If we look at globalisation in this sense, it does not necessarily have to be a bad thing.

The third event was a workshop held by Hottokenai: Sekai no Masushisa (Don’t Let It Be: World Poverty, GCAP Japan), entitled “End World Poverty! What We Can Do for Achieving the MDGs). This workshop, led by Minar Pimple, Deputy Director of the United Nations Millennium Campaign Asia, led us to consider concrete measures to achieve the MDGs and eradicate poverty from the world. As well as the actual content of the event, Minar’s personality and character also particularly left an impression. With huge amounts of energy, he laughs, moves around, and brings the whole room to smile. Of course, when trying to change the world the central message to be conveyed is important. However the way that we work to convey this is just as significant – maybe even more. These 2 hours really reminded me of the importance of communication and how much this is related to the way we are able to get our messages across and come up with actual results. Communication methods that really reach people are the best way to get people involved. Looking at how Minar works and his activities just shows how fun activism can be – and indeed that it has to be fun!

As a side note, Minar will also be joining the Peace Boat 63rd Global Voyage leaving Japan at the end of August. He will be on board during the segment from Singapore to Kochi (India) as an onboard guest educator. During the five days on the ship he will be leading workshops and study on concrete, successful methods to rid the world of poverty, and to connect in to real action – a very deep few days! There is still some room to take part in this training programme, so please contact us if you would like to know more.
See here for more information regarding this voyage.

(Report by Takayama Yoko in Sapporo)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中