7 July ピースボート 記者会見 Peace Boat Press Conference

先ほど、IMCのNGO記者会見室でピースボートとして記者会見を行いました。下のようなポイントについて発言しましたが、その後、記者からは東北の市民社会ネットワークや市民版六者協議についての関心や世界的な核不拡散・核軍縮の動向に関する質問が寄せられました。
We have just held a press conference as Peace Boat the IMC’s NGO Press Briefing Room. We spoke on the points as outlined in the following paragraphs. Various topics raised by the press included questions on Northeast Asian civil society networks, the civil Six-Party Talks, and recent international moves relating to nuclear non-proliferation and nuclear disarmament.

2008年7月7日(月), 午前11:30~、NGO記者会見室にて
7 July 2008 (Mon), 11:30 am, IMC NGO Press Briefing Room

発言 / Speaker
川崎哲
/ Kawasaki Akira

ピースボート共同代表 / Peace Boat Executive Committee
2008年G8サミットNGOフォーラム人権・平和ユニット・リーダー
Leader, Peace and Human Rights Unit, 2008 G8 Summit NGO Forum

テーマ / Issues

平和の観点からサミットに求めるもの Calling on the G8 to Address Peace

軍縮・不拡散 Disarmament and non-proliferation

紛争予防・平和構築 Conflict prevention & peacebuilding

連絡先 / Contacts

川崎哲/Kawasaki Akira, 090-8310-5370, kawasaki[a]peaceboat.gr.jp
メリ・ジョイス
/Meri Joyce, 080-3457-9714, meri[a]peaceboat.gr.jp

(English follows)
ピースボート
平和の観点からサミットに求めるもの
2008.7.7

ピースボートは、2008年G8サミットNGOフォーラムの人権・平和ユニットのリーダーをつとめ、また、2008年5月に42カ国3万人を動員した「9条世界会議」(幕張メッセほか)を組織し、平和の観点からG8に対する提言活動を行ってきた。

「G8に対する9条世界会議の声明」が示しているとおり、世界の軍事費1兆3000万ドルの7割を支出しているG8諸国は、軍縮し、環境や人間の安全保障のために資源を振り向ける責任を負っている。「対テロ戦争」をやめて、人々が平和に生きる権利を実現しなければならない。具体的には、私たちは以下の事項をG8サミットに求める。

軍縮・不拡散

(1) G8は、核軍縮のために自らが行動する誓約をせよ。
参考:「G8外相による核軍縮への言及を歓迎しサミットでのさらなる前進を求める」(
2008.7.3)

(2) 北朝鮮問題の6者協議を通じ、東北アジアに非核地帯と平和メカニズムをめざせ。

(3) 核不拡散体制を崩壊させる米印原子力協力に道を開くな。
参考:アボリション2000米印協定作業グループの記者発表
(2008.7.7)

(4) 地球温暖化を口実にして原子力利用を拡大するな。

紛争予防・平和構築

(1) G8は、平和構築とならんで、市民社会との協力による紛争予防に力を入れよ。
参考:武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ(GPPAC)

(2) 日本は、スーダンやアフガンへの派兵ではなく、紛争予防NGOを支援せよ。
参考:戦争廃絶のための9条世界宣言(
2008.5.6)

(3) 武器貿易条約(ATT)を実現し、軍縮を通じた紛争予防・開発をめざせ。
参考:武装暴力と開発に関するジュネーブ宣言
(2006.6)

(4) G8は、クラスター爆弾禁止条約に署名し、劣化ウラン弾使用禁止に動け。

私たちはまた、北海道でのサミット開催を前に日本の国会・政府がアイヌ民族を先住民族として初めて認めたことを歓迎するとともに、先に開かれた「先住民族サミット」の勧告の実施を日本政府および他のG8政府に求める。

Peace Boat
Calling on the G8 to Address Peace
2008.7.7

Peace Boat, leader of the 2008 G8 Summit NGO Forum’s Peace and Human Rights Unit and organiser of the Global Article 9 Conference to Abolish War, held in Japan this May and attracting over 30,000 people from 42 countries and regions, is actively lobbying the G8 from the perspective of peace-related issues.

As shown in the “Global Article 9 Conference Statement to the G8 Summit”, the G8 countries account for 70% of the world’s 13 billion USD military expenditure, and have the responsibility to reduce their arms and divert resources to the environment and human security. They must cease the “War on Terror”, and work towards realising the right to live in peace for all.


We specifically call on the G8 as follows:

Disarmament and non-proliferation

  1. The G8 must pledge to act towards their own nuclear disarmament
    See: “Statement welcoming the G8 Foreign Ministers’ Reference to Nuclear Disarmament, and Calling for Further Progress at the G8 Summit”,
    2008.7.3)

  2. Through the Six-Party Talks, aim for a Northeast Asia Nuclear-Free-Zone and peace mechanisms for the region

  3. Not follow the path to the US-India Nuclear Agreement, which would further destroy the nuclear non-proliferation regime
    See
    US-India Deal Working Group of Abolition 2000 Media Release (2008.7.7)

  4. Not use global warming as an excuse to expand utilisation of nuclear energy

Conflict prevention and peacebuilding

  1. The G8 must support not only peacebuilding but also civil society efforts towards conflict prevention
    See
    Global Partnership for the Prevention of Armed Conflict (GPPAC)

  2. Japan must not deploy troops to Sudan and Afghanistan, but instead support conflict prevention NGOs
    See
    Global Article 9 Declaration to Abolish War2008.5.6)

  3. Realise the Arms Trade Treaty (ATT), and through disarmament aim for conflict prevention and development
    See
    Geneva Declaration on Armed Violence and Development (2006.6)

  4. The G8 must sign the Cluster Munition Ban Treaty and move towards banning the use of depleted uranium munitions

We also welcome the Japanese Diet and Government’s historical recognition of the Ainu as indigenous people, and call on the Japanese Government and the G8 to implement the proposals declared at the Indigenous Peoples’ Summit in Ainu Mosir 2008.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中