反サミット・反植民地主義フォーラム報告 Report from the Anti-Summit/Anti-Colonialism Forum

企画報告
反サミット・反植民地主義フォーラム

世界の民衆が友になるために~ユーラシアの東端アイヌモシリから考える~

とき:7月6日(日)13:30~17:30
会場:札幌市民教育文化会館

主催:パレスチナ連帯・札幌
提言シェルパ:鵜飼哲(一橋大学教授)
「来るべきインターナショナリズムとは何か?」

コメンテイター
石井ポンペ(札幌アイヌ文化のチセ代表)
石純姫(苫小牧駒沢大学准教授)
足立正生(映画監督・在アラブ26年)
松本祥志(札幌学院大学教授・アフリカ法)

Event Report
Anti-Summit/Anti-Colonialism Forum

For All of Us to get Connected, A Message from Ainu Moshir, Far East of Eurasia

6 July (Sun), 13:30-17:30
Sapporo Education and Cultural Hall, Room 301

Organised by Solidarity with Palestine/Sapporo

Advocacy Sherpa: Ukai Satoshi (Hitotsubashi University)
“What is the internationalism that should be pursued?”

Commentators

Ishii Ponpe (Representative, Sapporo Ainu Cultural Chise)
SEOK Soon-hi (Tomakomai Komazawa University)
Adachi Masao (Film director)
Matsumoto Shouji (Sapporo Gakuin University, African Law)


鵜 飼哲さんのお話が非常に興味深かった。フランスの事例を紹介しながら、反G8闘争は単に「先進国」の運動ではなく反植民地運動の歴史的遺産を引き継いでい ること、そして、反G8の運動を大きく拡げるには対話派NGOと反対派NGOが差異を尊重しつつも連携することの重要性を指摘された。

反 「改憲」運動への指摘もあった。もし憲法に関する国民投票が行われ、その結果9条が守られることになっても、1条の天皇制が国民によって承認されたことに なり、自衛隊がそのままとなったのでは悪夢ではないかという問題提起であった。改憲を政策に掲げる安部政権が倒れた以上、私たちは9条を生かす運動の意義 を 明確にする必要がある。7日にピースボートは「G8に9条を!」と題し、9条世界会議の報告と討論を行う企画を予定している。鵜飼さんの指摘されたことも 踏まえて議論を進めたい。

報告:野平晋作、札幌

Ukai Satoshi’s talk was particularly interesting. While introducing examples from France, he explained that the anti-G8 struggle is not merely a movement of “developed countries”, but that it has its roots in the struggle against colonialism. Furthermore, he indicated the importance of respecting the differences between NGOs promoting dialogue and NGOs in opposition in the anti-G8 movement.

Discussion about the movement to prevent the amendment of the Japanese Constitution was also discussed. If a national referendum regarding the Constitution was to be held, and even if the result led to the protection of Article 9 (the peace clause of the constitution), this would also mean the approval of the citizens for the Emperor System set out in Article 1, and could lead to the remaining of the Self-Defence Forces as they are. Since the end of the Abe administration which was proclaiming their commitment to constitutional amendment, civil society must work to make clear the importance of the movement to make use of Article 9.

On the evening of 7 July, Peace Boat will be holding the event, “A world without war – the role of the G8 and Japan’s Peace Constitution.” Featuring a report of the Global Article 9 Conference to Abolish War and a discussion, we would like to continue the debates mentioned by Mr Ukai at this event.

Report: Nohira Shinsaku, Sapporo

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中