International Peace Bureau (IPB) Appeal to the G8

G8: IT’S TIME FOR ACTION ON MILITARISM AND NUCLEAR WEAPONS !

G8:今、軍国主義と核兵器に行動を!
(このIPBの声明は、日本原水協により和訳されました。このサイトにも掲載されております▼
http://www.antiatom.org/GSKY/jp/NDPM/Mov/08/0807_dec-paxcri-ipb.html

Geneva, July 2, 2008.

The G8 leaders are confronted with a rising tide of global crises that they will have trouble resolving without looking at some fundamental questions. Two related questions in particular stand out: military spending and nuclear weapons.

As experts and decision-makers scramble to find money to stabilise oil and food prices, mitigate climate change and address mass poverty, new figures show once again that military spending remains an ‘untouchable’ resource. The Stockholm International Peace Research Institute announced on 9 June that the figure for global military spending in 2007 reached a new high of $1,339 billion, a rise of 6% over the previous 12 months. Furthermore, it is no secret that the world’s biggest arms merchants are the most powerful members of the G8 itself. The International Peace Bureau, whose main programme focuses on Sustainable Disarmament for Sustainable Development, deplores these massive investments in militarism and urges the G8 to urgently review its priorities, in particular, to agree on the establishment of a new international fund to combat poverty, funded by reductions in military programmes.


Nuclear weapons still represent the most urgent threat to the world’s security, since a political-military crisis (such as we are currently seeing over Iran) could spiral out of control very quickly. The very existence of nuclear arsenals threatens mass destruction of civilian populations and serious contamination of the environment. However the members of the G8 seem to be largely focussed on the dangers posed by possible terrorist use of weapons of mass destruction, without any critical perspective on their own programmes of nuclear ‘modernization’. We urge them to follow the lead of senior statesmen on both sides of the Atlantic by declaring unequivocally their aim of moving towards a nuclear-weapons free world, by setting a date for the opening of talks leading to a nuclear weapons convention.

Since the host nation Japan is in the unique role of being the only country to have suffered bombardment by nuclear weapons, we believe it has a special responsibility to convene talks at the Summit between the other members of the G8 and to impress upon them the urgency of taking rapid steps to eliminate all nuclear weapons.

The Group of Eight (G8) Summit (held in Hokkaido, Japan from July 7 – 9, 2008) is the annual meeting attended by the leaders of the eight countries, namely, Canada, France, Germany, Italy, Japan, Russia, the United Kingdom, and the United States of America, and the President of the European Commission.
Official Info at: http://www.g8summit.go.jp/eng/

The International Peace Bureau is dedicated to the vision of a World Without War. We are a Nobel Peace Laureate (1910) and over the years 13 of our officers have been recipients of the Nobel Peace Prize. Our 300 member organisations in 70 countries, and individual members, form a global network bringing together expertise and campaigning experience in a common cause. Our current main programme centres on Sustainable Disarmament for Sustainable Development. We welcome your participation.

Contact: Colin Archer, Secretary-General

国際平和ビューロー
2008年7月2日
G8:今、軍国主義と核兵器に行動を!

G8諸国のリーダーたちは、世界的な危機の高波に直面している。それは、その根底にある基本的な問題を見ずして解決困難なものだ。特に二つの相互に関連しあう問題がある。軍事費と核兵器だ。

専門家と政策決定者が、石油・食料価格の安定化、気候変動の緩和、貧困の解決のための資金を確保しようと争っているときでさえ、数字を見ると、軍事費は再び「聖域」になっている。ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は6月9日、2007年の世界的な軍事費の合計は、前年から6%上昇し、1兆3390 億ドルに達したと発表した。さらに、世界最大の武器商人はG8の最も力のある国々であることは言うまでもない。国際平和ビューロー(IPB)は、「持続可能な発展のための持続可能な軍縮」を主要課題として進めており、その点から、軍国主義への大幅な投資を遺憾に思い、緊急に何が優先であるかを見直し、特に、軍事費を減らすことによって、貧困とたたかう新たな国際的基金の確立に合意することを求める。

核兵器は依然として世界の安全保障にとって最も緊急な脅威である。たとえば、現在のイランをめぐる問題など、政治的軍事的危機は簡単にコントロールできなくなるからだ。核兵器の存在そのものが、民間人の大量殺戮と環境の重大な汚染をもたらす恐れがある。しかし、G8諸国は、自らの核兵器の近代化計画は批判せず、テロリストが大量破壊兵器を使用する危険のみ問題にしているようだ。G8諸国に対し、核兵器のない世界に進むという目的を明確に宣言し、核兵器条約にいたる交渉の開始の期日を設定することによって、大西洋の両側の古参の政治家たちによるイニシアティブを追求することを求める。

核兵器による爆撃をこうむった唯一の国であるということから、議長国日本は固有の役割を負っており、サミットでG8諸国と話し合いを行い、核兵器全廃のために早急な措置を講じる緊急性を痛感させるという特別の責任を持っている。

(訳:日本原水協)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中