月別アーカイブ: 7月 2008

Indigenous People’s Summit in Ainu Mosir 2008 「先住民族サミット」アイヌモシリ2008

Alongside the People’s Summit, another major event to be held concurrently with the G8 meeting this year was the Indigenous People’s Summit in Ainu Mosir 2008 – the first time such an event has been held.

Over 600 participants from Japan and around the world – representing Ainu Mosir (Hokkaido), Uchinanchu (Okinawa), the United States, Canada, Hawai’i, Guam, Australia, Bangladesh, the Philippines, Norway, Mexico, Guatemala, Nicaragua, Taiwan, and Aotearoa (New Zealand) – gathered in the traditional land of the Ainu people over July 1-4 to discuss issues such as the environment, the recovery of the rights of Indigenous Peoples, education and empowerment.

Peace Boat had the opportunity to participate in the closing session. At this important gathering, the “Nibutani Declaration” and “An Appeal to the Japanese Government” were adopted – both of which can be downloaded in English, Japanese and Spanish here.

世界で初めての「先住民族サミット」がG8の前に開催されました。

7月1〜4日、日本・全世界から600人以上の参加者がアイヌの土地、北海道で集まり、環境、権利、教育などといったテーマについて話し合いました。アイヌ・モシリ(北海道)、ウチナンチュー(沖縄)、アメリカ、カナダ、ハワイ、グアム、オーストラリア、バングラデシュ、フィリピン、ノルウェー、メキシコ、グアテマラ、ニカラグア、台湾とアオテアロア(ニュージーランド)からの先住民族がこの歴史的な「先住民族サミット」に参加されました。

ピースボートは、最終日の全体会に参加させてもらいました。ここで、「二風谷宣言」と「日本政府への提言」が採択されました。この文章は、ここからダウンロードできます(日・英・西語)。

Our Planet TV interview インタビュー

An interview with Kawasaki Akira – Peace Boat Executive Committee member and leader of the G8 NGO Forum Peace & Human Rights Unit can now be seen on Our Planet TV’s special broadcast from Hokkaido. This episode also features footage of the International Media Centre, various scenes from civil society activities around the Summit, and an indepth interview with Tessa Morris-Suzuki of Australia’s National University (ANU).
(Japanese only)

http://www.ourplanet-tv.org/asx/080708g8news.asx

ピースボート共同代表・G8NGOフォーラム平和・人権ユニットの川崎哲のインタビューは、ただいまOur Planet TVでご覧になれます。
この番組は盛りだくさんです!他にも国際メディアセンターのようす、札幌で行われたさまざまな市民社会イベント、そしてオーストラリア国立大学のテッサ・モリス・スズキさんのインタビューも含まれているのでぜひご覧ください。
(日本語のみ)

NGO Forum Closing Press Conference NGOフォーラム クロージング記者会見

Evaluation of 2008 G8 Summit and NGO Activities
~ From Toyako to Italy ~

続きを読む

Some more pictures of the IMC / IMCの写真

Since coming back to Tokyo, we’d like to introduce little by little some of the other photos from Hokkaido that we didn’t have a chance to sort out while we were still up there.

These are from the International Media Centre (IMC) at Rusutsu – where each day we’d go through the heavy security check as in the first picture, then run up and down throughout the centre and the hotel all day (and half of the night) – a huge place, as you can see from the map in the next photo.

北海道に行っていた間に整理することができなかった写真を、東京に帰ってきたので少しずつアップロードをしようと思ってます。

まずはルスツの国際メディアセンター(IMC)のようすです。毎日ここで荷物のチェックを受け、この地図で分かるように広〜いメディアセンターを走り回ってました!

Last day in Hokkaido 北海道・最後の日

Some photographs of our last day in Hokkaido – leaving Niseko where we were staying, with a quick detour to have a look at the actual venue of Toyako – now that the G8 leaders had left and we were allowed in. We took kyuto (the Global Article 9 Campaign mascot) along for some quick sightseeing after a long week’s work as well!
It was very interesting to visit the town actually – just walking around you would never know that until the day before the G8 Summit had actually been held there, being very quiet and with all the residents just walking around and going about their usual business. The only visible remnant of the Summit was the few peculiar souvenir tshirts, “eco-bags” and kewpie dolls in the traditional costumes of the G8 countries on sale at the local produce shop!
Then back to Sapporo to say bye to everyone at the Sapporo Peace Boat Centre – thanks to them for all their support this week too!

北海道での最後の日を写真で紹介します!

まずは宿泊したまち、ニセコの景色です。そこを出発したら、少し遠回りして、サミットの間に入れなかった実際の開催場所の洞爺湖を見に行きました。「G8に9条を!」という合い言葉の一週間だったので、グローバル9条キャンペーンのマスコットの「きゅうと」も連れて行きました!
洞爺湖の街もとても面白かった。街を歩いていると、その前日までG8サミットが同じ場所で行われていたという雰囲気もなく、とても静かで、住民の人々はいつも通り生活していました。唯一「サミット」関連のことは、「水の駅」で販売していたちょっと変わったお土産:Tシャツ、エコバッグとG8諸国の民族衣装を着ているキューピーの人形!
その後札幌に戻り、札幌ピースボートセンターのみなさんに挨拶をし、空港に向かいました。札幌ピーセンのみなさん、ありがとうございました!大変お世話になりました。

We denounce the arrests and detentions of participants in excessively policed demonstrations.

(日本語版はこちらです)
July 9, 2008

Network of Lawyers Observing Human Rights Around the G8 Hokkaido Toyako Summit (WATCH)

The “7-5 Challenge the G8 Summit Peace Walk for 10,000” was held on July 5 in the city of Sapporo, and in sharp contrast with the peaceful demonstration itself, a markedly excessive and aggressive police presence constituted a flagrant violation of human rights. All along the walk’s route, plainclothes police security officers recorded and took pictures of demonstrators with cameras, and fully armed riot units stood in formation along both sides of the march to prevent average citizens from being able to view the demonstration.

Furthermore, in addition to pounding on a sound truck’s glass window with batons, police dragged the man sitting in the driver’s seat out of the vehicle and took him and a total of four individuals (one of whom is a reporter) to jail for interfering with official police duties or violating traffic laws.

続きを読む

【声明】デモに対する過剰規制及び参加者の逮捕・勾留に抗議します

(English version is available here)
2008年7月9日
サミット人権監視弁護士ネットワーク(WATCH)

7月5日、札幌市内において「7・5チャレンジ・ザ・G8サミット——1万人のピースウォーク」が開催されましたが、これに対する警察の規制は極めて過 剰で、デモが平穏に行われていたことに対比して、著しく人権を侵害する態様のものでした。沿道は、デモ参加者をカメラで撮影・記録する私服の公安刑事で埋 め尽され、また、デモの両サイドは、一般の市民がデモを見ることを阻止するような形で、完全装備の機動隊によって包囲されました。
しかも、警察官は、サウンドカーの窓ガラスを警棒で叩き割った上で、運転席にいた男性をひきずり出して逮捕するなど、合計4名(うち、1名は記者)を、公務執行妨害や道路交通法違反などを理由として逮捕勾留しました。
このうち、記者であった1名は7月8日に釈放されましたが、検察官はそれ以外の3名につき、不当にも札幌地方裁判所に勾留請求し、8日に裁判所により3名に対する勾留決定がなされています。

続きを読む